スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「エルグランド」の特別仕様車

エルグランドに高級感増した特別仕様車。

日産自動車は、「エルグランド」の特別仕様車「350ハイウェイスター エスプレッソレザープレミアムセレクション」を、2008年11月10日から売り出した。

ダークブラウン色の本革・サプラーレシート、ブラッククオーツ調のインストパネル、電動カーテンなどを採用し、高級感を高めている。

価格は433万1250円~465万5700円。


本革で一気に高級感UP!乗り味もUP

(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト

日産 フーガ 新グレード…250GT Type S

フーガにちょいとスポーティなモデルが登場!

日産自動車は、『フーガ』に新グレード「250GT Type S」を追加し、4日から発売した。

今回追加する250GT Type Sは、フーガの「450GT TypeS」、「350GT Type S」と同様に、19インチアルミホイール、リヤアクティブステア、スポーツチューンドサスペンション、マグネシウム製パドルシフトなどを標準装備し、スポーティな走りを楽しめるモデルとした。

フロント/リヤバンパー、フロントグリルなど、Type S専用外観とし、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ(プロジェクタータイプ、オートレベライザー付)やアクティブAFSを採用した。

価格は、430万5000円。

すこーし手が届きやすくなったバージョンですね。
(引用:carview

シーマとプレジデント一部改良

レクサスの影響か、最近影が薄く感じられる日産高級車。

日産自動車が、“シーマ”と“プレジデント”に一部改良を施し、2月7日にニューモデルの販売を開始した。

シーマは、エクステリアとインテリアのデザインを変更し、フラッグシップセダンにふさわしいさらなる上質さが追求された。エクステリアには、ワイドでボリュームのある前後バンパーの採用や、立体感を持たせたエンジンフードやフロントグリルを採用。新形状のサイドガードモールや横基調のワイドなリヤコンビランプを採用するなどにより存在感が高められた。

インテリアは、シートカラーをエクリュ色から温かみのあるカフェラテ色に変えるとともに、本木目フィニッシャーに深みのあるダークレッドを採用し、落ち着きの室内が追求された。

基本的なデザインは変わった様子は伺えないかな。

[シーマとプレジデント一部改良]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。