スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来たよ~ S207 /SUBARU WRX STI

400台限定!
エンジン、足回りを専用チューン。
外装・内装も専用装備でドレスアップ。
気になるパワーは328hp!!!

スバルテクニカインターナショナルは、WRX STIをベースとした「S207」を10月28日発表し、限定400台で、2015年10月29日より受注を開始する。発売日は12月1日。

「S207」はWRX STIをベースに、エンジンや足回りを専用チューンし、外装・内装にも専用装備を追加したSTIコンプリートカー。

エンジンは専用チューニングすることで、最高出力328PSを発揮。足回りは、11:1のクイックなステアリングギア比、フレキシブルタワーバーはじめSTI独自のパーツ類に加え、フロントに国内メーカー初採用となる可変減衰力サスペンションDampMatic IIとフロント+リヤのアクティブトルクベクタリングの効果により強靭でしなやかな乗り味とシャープなコーナリングを実現。

[来たよ~ S207 /SUBARU WRX STI]の続きを読む

スポンサーサイト

フォレスターのめちゃ改良モデルが出た

フォレスターが大幅改良。安全性能がさらにアップ!
LEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプは、夜に試乗したいな。

富士重工業は、スバル「フォレスター」を大幅改良し、2015年11月2日より発売すると発表した。

今回の改良では、フォレスターが従来から持つ高次元にバランスさせたSUVとしての性能を更に進化させ、「デザイン」や「走りの愉しさ」、「SUVとしての使い勝手と快適性」に一層磨きをかけるとともに、安全性能をさらに強化。「アイサイト(ver.3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用することで、世界トップレベルの安全性能にさらに磨きをかけた。

[フォレスターのめちゃ改良モデルが出た]の続きを読む

スバル エクシーガ 発表

ぱっと見はレガシィだけど、中身が全然違います。

17日、富士重工業は7人乗りミニバンクロスオーバーのスバル『エクシーガ』を発表。走りのよさを第一のアピールポイントとしてスバルが得意とする水平対向エンジンや『レガシィ』譲りの4WD性能を武器に、激戦のミニバン市場に参入する。

エクシーガの開発責任者を務めたスバル商品企画本部大雲浩哉さんは「現在、日本のミニバンの市場は、軽自動車に次ぐボリュームゾーンになっています。ただし、スバルはミニバンカテゴリーでは後発となりますので、普通のミニバンを作ってはダメだと思いました。何回ものクリニックを行ない、たどり着いた結果がレガシィの遺伝子を持つ新ジャンルの多人数乗車の創造でした」と語る。

確かにエクシーガには、今までのミニバンにはなかった雰囲気に溢れている。ステーションワゴンを思わせるスポーティなエクステリアや、視界がよく開放感の高い運転席など、ミニバンとは思えぬ巧みなパッケージングを作り上げている。

ライバルは、オデッセイか。

[スバル エクシーガ 発表]の続きを読む

レガシィ S402 発売

レガシィのスペシャルモデル。こういうことが出来るスバルはすばらしい。

富士重工業のモータースポーツ専門会社スバルテクニカインターナショナル(STI)は、スバル『レガシィ』のツーリングワゴンとB4にSTI独自の仕様、装備を施した限定車「S402」を設定し、6月27日から販売すると発表した。

今回発売するS402は「究極のグランドツーリングカー」を目指し、STIがこれまでのモータースポーツ活動やスポーツパーツ開発などで培ってきたノウハウを活かしたカスタマイズモデルだ。

エンジン、シャシーの性能強化をはじめ、エクステリア、インテリアにも専用の仕様装備を施し、ドライバーの意思に、より忠実な走りを実現するとともに、独自の存在感を演出、大人の感性を満たす高い質感を追求した。

エンジンは、2.5リットル水平対向DOHC4気筒エンジンに、専用のツインスクロールターボ、ECU、排気システムを採用した。全回転域での高いトルク特性により、気持ちの良い加速感と扱いやすさを実現する。

2.5+ターボはスバリストなら憧れ・・・

[レガシィ S402 発売]の続きを読む

ボクサーディーゼル

スバルボクサーエンジンにディーゼル誕生。

スバルは、スイスで3月に開催予定の第78回ジュネーブ国際モーターショー(3月4日~3月5日プレスデー、3月6日~16日一般公開)に、世界に先駆け欧州市場へ導入するスバルボクサーディーゼル搭載のレガシィ、アウトバックと、欧州デビューとなる新型フォレスターを出展すると発表した。

 今回出展されるスバル・レガシィ/アウトバック2.0Dは、乗用車用としては世界初となる、水平対向ディーゼルエンジン“スバルボクサーディーゼル”を搭載。レガシィ/アウトバックでは、スバルボクサーディーゼルをスバル独自のシンメトリカルAWD(All-Wheel-Drive)と組み合わせることによる高い走行安定性と、力強い低中速トルクによる優れた加速性能で、スバルならではの走りを表現。また、燃費向上と走る楽しさを両立する電動パワーステアリングを新たに採用、欧州ユーロ4規制に対応するとともにAWD乗用車としてはトップレベルの燃費性能を実現し、走りと環境の融合を図っているという。

トルクのやや薄いボクサーエンジンでどの位の出力が出るんでしょうか。

[ボクサーディーゼル]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。