スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴルフRヴァリアント」強烈!

エンジンは、280ps/380Nm、そして4WDワゴン。
元気なワゴンは好きです。雪道も安心。


ゴルフ・オールトラックよりも2カ月ほど早く発表され、6月から納車がスタートしているゴルフRヴァリアント。

すでにワゴン離れした快足ぶりを堪能している方もいると思いますが、ハッチバックのゴルフR譲りの280ps/380Nmを誇る2.0L TSIエンジンと湿式の6速DSGを搭載し、フルタイム4WDが組み合わされています。

560ps/700Nmのモンスターワゴン、アウディRS6アバントなどと比べるとスペックはざっくり半分しかありませんが、十分な速さを味わえます。

[「ゴルフRヴァリアント」強烈!]の続きを読む

スポンサーサイト

VW新型クロスポロ!

今度のクロスポロは1200ccのTSIエンジン。もちろんベースは新型ポロ。
意外と人気があるモデルなんですよね。日本車にはあまりないコンセプトだからか・・・


フォルクスワーゲン グループ ジャパンは、1.2TSIエンジンを搭載した新型『クロスポロ』を発表。本日より、全国のフォルクスワーゲン正規ディーラーを通じて販売を開始した。
 
 『クロスポロ』とは、コンパクトハッチバックの『ポロ』をベースに、SUVテイストのスタイリングを纏ったモデルだ。初代のデビューは2006年9月のことで、独特のスタイリングやポップなカラーが人気を呼び、導入当初はポロ全体の販売台数の15%以上を占め、導入からの3年間で 3500台以上を販売した。
 
 今回の新型『クロスポロ』は、ベース車両を今年1.2リッターTSIエンジン搭載の新型『ポロ』に代替え。初代モデルが採用していたユニークで斬新なイメージの内外装を継承しつつ、よりクールなイメージに仕上げられている。

決め手はカラーなんですかね。

[VW新型クロスポロ!]の続きを読む

VW トゥアレグ値下げ

うれしい「!!
高級SUVトゥアレグが少しお求め安くなるようです!



フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは3月より、高級SUV『トゥアレグ』の仕様・装備を一部見直して発売する。

トゥアレグは、2003年9月の導入から7年目を迎えることからモデルラインアップを統合、量販グレードのV6の仕様・装備を大幅に見直す。

ターゲットはV6。というか絞られた。

[VW トゥアレグ値下げ]の続きを読む

フォルクスワーゲンのR-Line

VWにR-Line登場。

独フォルクスワーゲンは現地時間16日、パサートCCに、エアロパーツをはじめとするスポーティな装備をセットオプションとした“R-Line”を設定し、販売を開始した。

 R-Lineは、標準モデルとはひと味違ったスポーティな内外装が好評を博しており、現在本国ではゴルフやシロッコ、ティグアンなど7車種に設定されている。

スポーティに乗りたい人にはうれしいセットオプション。

[フォルクスワーゲンのR-Line]の続きを読む

VWの新型小型SUV、ティグアン

トゥアレグはちょっと大きくて。というユーザーに朗報!

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは9月3日、新しいクロスオーバーSUV“ティグアン”を発表。同月30日より販売を開始する。

 ティグアンは、トゥアレグに続くフォルクスワーゲンの本格SUV第二弾。近年のSUVに寄せられる多様化するニーズに合わせ、本国ではオフロード走行を視野に入れたグレードと、オンロード寄りのグレードがそれぞれ用意される。が、このたび日本に上陸したのはオフロード寄りの「トラック&フィールド」のほうだ。

 「トラック&フィールド」は、HDA(ヒル・ディセント・アシスト)やスロットル特性の設定をオフロード向きに切り替えるスイッチを搭載。バンパー形状も路面と干渉しづらいように、ロードクリアランスを確保したものを装備する。
 
 ちなみにオンロード系「スポーツ&スタイル」は、バンパー形状などが都会的でスタイリッシュなタイプとなり、サスペンションの設定もストリート指向のチューンとなる。こちらのモデルも日本上陸に期待がかかるところだ。

ゴルフプラスの後継者になるのかな。

[VWの新型小型SUV、ティグアン]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。