スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW PORSCHE911 TURBO&4WS impression

遂にターボ&4WS化された新型911カレラ&カレラSのインプレッション。
一新された3.0Lエンジンと4WSはどうかな。


新しい3.0Lエンジンは排気量こそ小さくなったが、速さも燃費も向上している。パフォーマンスが大幅にアップしているので、ポルシェが“ダウン”ではないと言い切るのも納得だ。新型911カレラSの場合、最高出力420ps/最大トルク500Nm。ニュルブルクリンクのラップタイムを8秒も縮め、997型GT3に匹敵する7分30秒で駆け抜けることが可能だ。

ポルシェターボって言っていいの?

エンジン開発エンジニアによれば、ボクスターとケイマンが使っている2.7Lエンジンをターボ化してテストしたが、思い通りの性能が得られなかったという。そこでポルシェはターボを前提とした新世代ボクサーエンジンをゼロから開発したのだ。例えば燃焼状態を最適化するためにインジェクターを中央に配置するセンターガイド方式を採用し、均質に燃料と空気を混ぜるために250気圧の高圧で数回にわけて燃料を噴射している。エキゾースト側は可変バルブタイミング、インテークは可変バルブタイミングに加えてバルブリフト量も連続可変するバリオカム・プラスが採用されるのは従来通りだ。

シャシーではオプションで4WSが採用されたことがトピックだ。ターボやGT3で実績があるリヤステアが911カレラにも備わることになった。80km/hから同位相に動き、911カレラの場合は最大で2度トーインに動く。ちなみにGT3は1.5度でターボは3度と、モデルによって使い分けているようだ。60km/h以下では逆位相に動くので、最小回転半径は約40cm小さくなり、小回りが利くようになった。ポルシェにとって超高速の安定性とハンドリング性能の両立は重要なので、リヤのアクティブステアはデファクトスタンダードになりそうだ。

カレラSに標準装備される20インチのリアタイヤはターボと同じ305/30扁平となった。タイヤ代がかさみそうだ。

すごいおっきいタイヤ!確かにホイルスピンはもったいないかも。
4WSは慣れるまでは戸惑うかもね。




気になるスペックは・・・

[NEW PORSCHE911 TURBO&4WS impression]の続きを読む

スポンサーサイト

ポルシェ 911、伝説の「R」復活へ/Porsche911R legend returns

これが911Rか!
3.8リットル 6気筒ボクサー自然吸気エンジン搭載!
450HPを発生し、ミッションはマニュアルとも言われておりますよ。


1967年、ポルシェ『911』をベースに約20台しか生産されなかった伝説のレースモデル『911R』の誕生50周年を記念し、特別限定販売される新911Rのプロトタイプを捕捉した。

「R」専用フロント&リアバンパー、センターツインエキゾーストパイプを装着し、軽量化も図られているという。

パワートレインは『911 GT3』に搭載されている3.8リットル 6気筒ボクサー自然吸気エンジンを搭載し、600台程度の限定生産と噂されている。

ワールドプレミアは2016年初夏か。





(引用:carview

今度のブラックエディションはケイマンだ![Cayman Black Edition]

ポルシェ ジャパンは、『ケイマン ブラックエディション』の受注を10月5日から開始!
今回『ケイマン』に導入されるブラックエディションは、過去に『ボクスター』、『911カレラ』(クーペ/カブリオレ)に設定されていた。
第3弾である。


ケイマン ブラックエディションは、ブラック塗装とブラックのパーシャルレザーインテリアの組み合わせで、スポーティさとエレガントさを強調。標準装備品には、自動防眩ミラー、レインセンサー、クルーズコントロール、フロントとリアのパークアシストシステム、スポーツデザインステアリングホイールが含まれる。

[今度のブラックエディションはケイマンだ![Cayman Black Edition]]の続きを読む

ポルシェ、911ターボS

ポルシェ『911ターボS』およぴ『911ターボS カブリオレ』の受注が、3月1日(月)より開始される。
『911ターボS』は、ターボチャージャーを装備した『911ターボ』のハイパフォーマンスバージョンで、911のラインナップに復活するのは、じつに5年振りとのこと。

最高出力530ps、最大トルクは700Nmと恐ろしい数値。
もちろんこのパワーを受け止めるのは4WD。
ロスなく一気に加速しますよ!

 
 エンジンは『911ターボ』と同じく、可変タービンジオメトリーを採用したツインターボチャージャー付きのフラットシックスを搭載。最高出力はベース車から30psアップとなる530ps(390kW)を誇り、最大トルクは700Nmに達する。一方、燃料消費量は100kmあたり11.4リッターと、『911ターボ』と同等の数値に抑えられている。
 
 これに組み合わせるトランスミッションは、7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)のみ。駆動システムはポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)採用の4WDとなっており、ダイナミックエンジンマウントシステム、およびリミテッド・スリップ・リアディファレンシャル付きポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)が、走行安全性を確保する。

[ポルシェ、911ターボS]の続きを読む

軽~いポルシェ

ポルシェの中で一番軽いモデルがボクスター・スパイダーだ。
軽量化に勝るチューニングはない。
これは楽しい車に仕上がっているに違いない。


ポルシェジャパンは、ポルシェ『ボクスター』シリーズの新しいトップモデル、「ボクスター・スパイダー」の注文を7日から受け付ける。

ボクスター・スパイダーは、ライトウエイトのミッドシップロードスターであるボクスター・シリーズの新しいトップモデルで、12月開催のロサンゼルスモーターショーで正式発表される。

[軽~いポルシェ]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。