スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェラーリ488スパイダーが来たよ!

フェラーリ488スパイダーが日本初披露されました。
488スパイダーは、308GTSタルガバージョン以降、ず~っと受け継がれる、V8フェラーリのオープンモデル。
その性能は・・・40年の歴史を持つV8オープンのなかで最強!一番すごいのだ。


エンジンは3.9リッターV8ターボを搭載し、最高出力670ps、最大トルク760Nmを発生。シフトアップに応じてより高いトルクを発生する可変トルクマネージメントシステムにより、全域にわたり切れ味のある加速を得られるとのことだ。トランスミッションは7速F1デュアルクラッチ。0-100km/h加速は3秒を切り、0-200km/hでさえ8.7秒と俊足で、最高速度は325km/h以上と、ド級の性能を獲得している。

0-100km/h加速は3秒を切るなんて・・・
オープンで300km/hオーバーは怖いような


[フェラーリ488スパイダーが来たよ!]の続きを読む

スポンサーサイト

F430ベースの限定車

注目のフェラーリの限定車です。
フェラーリは、2008年のF1コンストラクターズタイトル獲得により、16度目のタイトル獲得を記念した限定車“スクーデリア・スパイダー16M”を、ムッジェロサーキットで開催された“フィナーリ・モンディアーリ”で発表した。

 スクーデリア・スパイダー16mは、8気筒ミッドリア・エンジンモデルの最先端テクノロジーを結集したとするスペシャルモデル。フィオラノ・サーキットでのラップタイム計測では、フェラーリのオープントップロードカーの中で最速タイムをマークしたという。この特別シリーズモデルは、限定499台が生産される。

私は、フェラーリなら8気筒が好きです。

[F430ベースの限定車]の続きを読む

新型フェラーリ「カリフォルニア」公式写真が明らかに

フェラーリー初のコンバーチブル!?

伊フェラーリが、2008年10月のパリサロンでワールドデビューする新型車“フェラーリ カリフォルニア”のオフィシャル写真を公開した。

 フェラーリカリフォルニアは、新しいV8エンジンを搭載するとするGTカー。そのエンジンは、排気量4.3リッターの新開発となる直噴式で、最高出力460ps/7500rpmを発生。0-100km/h加速は4.0秒以下と公表される。

 このエンジンをフロントミッドに搭載するエンジンレイアウトは、フェラーリ史上初といわれる。トランスミッションは、7速デュアルクラッチだ。

エンジン・ミッションともに最高だ。

[新型フェラーリ「カリフォルニア」公式写真が明らかに]の続きを読む

フェラーリ 430スクーデリア

V8フェラーリの最新バージョン。

コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッドは、フェラーリF1マシンからフィードバックした最先端技術を結集した高性能2シーターベルリネッタ『430スクーデリア』の価格を決定したと発表した。

日本での車両価格は3026万1000円で、デリバリーは5月頃の予定。

昨年9月のフランクフルトモーターショーで発表した430スクーデリアは、「F430」を進化、510馬力/8500rpmの4.3リットルV8エンジンを搭載、最高速320km/h超を発揮する。また、最短60msでのシフトチェンジを可能にしたF1スーパーファースト2ギアボックス、最大限のトラクションを確保するために統合されたF1-TRACとE-DIFF機構、状況に合った走行モードを選択することができる「レーシングマネッティーノ」などを導入した。

F1技術はおそるべし。最高のスタートダッシュを実現か!?

[フェラーリ 430スクーデリア]の続きを読む

デトロイト08、フェラーリのバイオフューエル

フェラーリのエコ対策。

フェラーリはデトロイトショーで、エタノール混合燃料で走るプロトタイプ“F430スパイダー バイオフューエル”を出展した。

 F430スパイダー バイオフューエルは、現在アメリカでその使用が推進されているE85、すなわちエタノール85%とガソリン15%を混ぜた燃料に対応したプロトタイプだ。

燃費はどの程度か?

[デトロイト08、フェラーリのバイオフューエル ]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。