スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LEXUS LF-LC 見つけたー!

レクサスの最上級クーペ。
ハイパワーなハイブリッドのようですぞ。
燃費はどんなもんでしょうか??


2012年のデトロイトモーターショーでレクサスが公開した、最高級クーペ「LF-LC」の市販モデルをキャッチしました。

カモフラージュは厳重ですが、エクステリアのイメージはコンセプトモデルに近いと思われます。

[LEXUS LF-LC 見つけたー!]の続きを読む

スポンサーサイト

レクサスRXがフルモデルチェンジ! 直噴ターボ搭載

レクサスの主力SUV「RX」がフルモデルチェンジしたよ!
10月22日発売。
今回のモデルは1998年の初代から数えて4世代目。
トピックスは、2.0リッター直噴ターボエンジンの搭載かな。(「NX」などと同型)

グレード構成もシンプルで分かりやすくなったよ。
ターボの「RX200t」、ハイブリッドの「RX450h」の2タイプ。
価格は495万円~742万5,000円。
月販目標台数は500台を予定。


■SUVらしい力強さと大人の色気を両立
「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発された新型RXは、大胆なスピンドルグリルをはじめとした最新のレクサスデザインをまとい、先代モデルよりもシャープかつ力強く、大人の色気を感じさせるものへと刷新された。大きく張り出した台形フェンダーや、クォーターウインドウをメッキで縁取り、ブラックアウトしたクォーターピラーを浮いたように見せるルーフ処理なども見どころになる。

ボディサイズは全長4,890(従来比+120)×全幅1,895(同+10)×全高1,710(同+20)、ホイールベース2,790(同+50)mm。弟分である「NX」の登場もあり、先代モデルから一回り大きいボディとゆとりある室内空間を確保した。

インテリアの雰囲気も大きく変わった。デザインの狙いは上質感と先進性、コックピットのような包まれ感と階段状に構成したインパネによる広々とした開放感の両立。また、12.3インチワイドディスプレイや両サイドに「ENTER」ボタンを追加したリモートタッチなども採用されている。

ゆとりある室内空間はうれしい。

[レクサスRXがフルモデルチェンジ! 直噴ターボ搭載]の続きを読む

RX450hに2WD

あのRX450hに2WDがでた!

トヨタは、レクサスブランドのプレミアムハイブリッドSUV『RX450h』に、2WDモデルを追加設定し、全国のレクサス店を通じて、10月29日(火)より販売を開始する。

 今回設定された2WDモデルは、リヤモーターを非搭載とすることで軽量化をはかり、JC08モード走行燃費で17.4km/L、10・15モード走行燃費で19.4km/Lを実現。同排気量クラスで世界トップの燃費性能と、4.5リッター車並みのパワーを両立させ、ハイブリッドの魅力を一段と高めたモデルとなっている。

なぜ2WDなの?と思ったが、更なる燃費アップが狙いということだね。
でもパワーは十分。しかも燃費いい。
あのボディでこの燃費は長距離ドライブもぜんぜんOK!

[RX450hに2WD]の続きを読む

レクサスGSに500台限定の特別仕様車

レクサスGSに特別仕様車が出ます。

トヨタ自動車は、レクサスGSシリーズに、特別仕様車“Passionate Black Interior”を設定し、4月21日より500台限定で発売すると発表した。

Passionate Black Interiorは、GS450h、GS460、GS350をベースに、専用色のブラック&ノーブルレッドのセミアニリン本革シートを採用。シートやドアトリム、本革巻きステアリングなどのステッチ部もブラック&ノーブルレッドとし、特別な雰囲気を演出した。

Passionate Black Interiorの価格は、GS450hが721万円、GS460が699万円、GS350は2WD仕様が576万円、4WD仕様は616万円。

エクステリアの情報しかありませんが、インテリアも変わっていそうです。
(引用:carview

【レクサス】デトロイトでLF-Aのオープンモデルを世界初公開

V10エンジン搭載のLF-A。

レクサスは、米国で開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、「LF-A Roadster」を世界初公開した。

 「LF-A Roadster」は、コンセプトモデルとして発表。レクサスが考えるハイパフォーマンスカーのあるべき姿を具現化した。
 エンジンは、5000cc以下のV10を搭載。最高出力は500馬力で、テスト走行では時速320km以上を記録している。トランスミッションは、SMT(シーケンシャル・マニュアルトランスミッション)。
ボディサイズは、全長4460×全幅1895×全高1220mm。ホイールベースは2605mm。

レクサスは、日本の枠にとらわれず自由な開発をしてますね。今後が楽しみ。
(引用:carview

[【レクサス】デトロイトでLF-Aのオープンモデルを世界初公開]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。