スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スバル エクシーガ 発表

ぱっと見はレガシィだけど、中身が全然違います。

17日、富士重工業は7人乗りミニバンクロスオーバーのスバル『エクシーガ』を発表。走りのよさを第一のアピールポイントとしてスバルが得意とする水平対向エンジンや『レガシィ』譲りの4WD性能を武器に、激戦のミニバン市場に参入する。

エクシーガの開発責任者を務めたスバル商品企画本部大雲浩哉さんは「現在、日本のミニバンの市場は、軽自動車に次ぐボリュームゾーンになっています。ただし、スバルはミニバンカテゴリーでは後発となりますので、普通のミニバンを作ってはダメだと思いました。何回ものクリニックを行ない、たどり着いた結果がレガシィの遺伝子を持つ新ジャンルの多人数乗車の創造でした」と語る。

確かにエクシーガには、今までのミニバンにはなかった雰囲気に溢れている。ステーションワゴンを思わせるスポーティなエクステリアや、視界がよく開放感の高い運転席など、ミニバンとは思えぬ巧みなパッケージングを作り上げている。

ライバルは、オデッセイか。

[スバル エクシーガ 発表]の続きを読む

スポンサーサイト

ポルシェ 911 カレラ 09年モデル

いいエンジンと、いいミッションを積んだ新型911が登場!

ポルシェジャパンは、ポルシェ『911』で「タイプ997」の第2世代となる「カレラ」、「カレラS」、「カレラカブリオレ」、「カレラSカブリオレ」を発表した。受注開始は7月1日から。

新世代の911には、DFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)とダブルクラッチ式のトランスミッションのPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)を搭載した。

4つのニューモデルには、3.6リットルと3.8リットルの新設計の水平対向6気筒エンジンを搭載、ハイレベルなパフォーマンスを発揮する。ポルシェに初めて導入されたDFIは、PDKと相まって、スポーティでダイナミックな走行性能に進化したとしている。

ポルシェでも気になる燃費は・・・

[ポルシェ 911 カレラ 09年モデル]の続きを読む

日産 フーガ 新グレード…250GT Type S

フーガにちょいとスポーティなモデルが登場!

日産自動車は、『フーガ』に新グレード「250GT Type S」を追加し、4日から発売した。

今回追加する250GT Type Sは、フーガの「450GT TypeS」、「350GT Type S」と同様に、19インチアルミホイール、リヤアクティブステア、スポーツチューンドサスペンション、マグネシウム製パドルシフトなどを標準装備し、スポーティな走りを楽しめるモデルとした。

フロント/リヤバンパー、フロントグリルなど、Type S専用外観とし、クリスタルブルーキセノンヘッドランプ(プロジェクタータイプ、オートレベライザー付)やアクティブAFSを採用した。

価格は、430万5000円。

すこーし手が届きやすくなったバージョンですね。
(引用:carview

新型コンパクトミニバン「フリード」

ミニミニバンという感じですね。

ホンダは、新型コンパクトミニバン「フリード」とその福祉車両を5月30日に発売する(車いす仕様車のみ6月20日発売)。

 フリードのボディサイズは、全長4215×全幅1695×全高1715(FF車、スカイルーフ装着車は1720)mm。最小回転半径は5.2mとなっている。

 エンジンは、1500cc i-VTECを搭載。最高出力は118馬力/6600回転、最大トルクは14.7kg-m/4800回転。トランスミッションは、5ATまたはトルクコンバーター付きCVTとの組み合わせになる。10・15モード燃費は、FF車がリッター16.4km、4WD車がリッター14.0km。

5ATで燃費がいいのはうれしい。

[新型コンパクトミニバン「フリード」]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。