スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホンダ レジェンド マイナーチェンジ

309PSの新型エンジンを搭載!!

ホンダは、上級セダン『レジェンド』のエンジンと内外装を一新するなど、マイナーチェンジして9月5日から発売すると発表した。今回の改良では、309馬力の高出力と高い燃費性能を両立する新型V6の3.7リットルVTECエンジンを搭載した。

外観は、大型のフロントグリルやスポイラー一体型のトランクフード、新デザインの17インチアルミホイールなどを採用した。従来の超高外観塗装に加え、パール顔料粒子を均一に並べることで、より高輝な塗装を実現した高品位塗装の「アルバータホワイト・パール」をボディカラーに採用した。

歩行者との衝突時に、ボンネットフード後部を瞬時に持ち上げ、歩行者の頭部衝撃を低減する「ポップアップフードシステム」をホンダの国内販売モデルで初めて採用、安全性能の充実を図った。

パワフルですねえ。

[ホンダ レジェンド マイナーチェンジ]の続きを読む

スポンサーサイト

シビック TYPE R を一部改良

走りに直接関係あるところではなさそうよ。

ホンダは、ピュアスポーツモデル『シビックTYPE R』に電動格納式リモコンカラードドアミラーを標準装備するなど一部改良し、9月4日から発売した。

今回の改良では、電動格納式リモコンカラードドアミラーを標準装備(ワンメイクレースベース車を除く)したほか、新形状のリアコンビネーションランプを装着した。

ボディカラーにはクリスタルブラック・パール、プレミアムディープバイオレット・パール、プレミアムホワイト・パールの新色3色を加えて全5色を設定した。

価格は283万5000円。

カラー追加はうれしい。


(引用:carview

VWの新型小型SUV、ティグアン

トゥアレグはちょっと大きくて。というユーザーに朗報!

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは9月3日、新しいクロスオーバーSUV“ティグアン”を発表。同月30日より販売を開始する。

 ティグアンは、トゥアレグに続くフォルクスワーゲンの本格SUV第二弾。近年のSUVに寄せられる多様化するニーズに合わせ、本国ではオフロード走行を視野に入れたグレードと、オンロード寄りのグレードがそれぞれ用意される。が、このたび日本に上陸したのはオフロード寄りの「トラック&フィールド」のほうだ。

 「トラック&フィールド」は、HDA(ヒル・ディセント・アシスト)やスロットル特性の設定をオフロード向きに切り替えるスイッチを搭載。バンパー形状も路面と干渉しづらいように、ロードクリアランスを確保したものを装備する。
 
 ちなみにオンロード系「スポーツ&スタイル」は、バンパー形状などが都会的でスタイリッシュなタイプとなり、サスペンションの設定もストリート指向のチューンとなる。こちらのモデルも日本上陸に期待がかかるところだ。

ゴルフプラスの後継者になるのかな。

[VWの新型小型SUV、ティグアン]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。