スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VW トゥアレグ値下げ

うれしい「!!
高級SUVトゥアレグが少しお求め安くなるようです!



フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは3月より、高級SUV『トゥアレグ』の仕様・装備を一部見直して発売する。

トゥアレグは、2003年9月の導入から7年目を迎えることからモデルラインアップを統合、量販グレードのV6の仕様・装備を大幅に見直す。

ターゲットはV6。というか絞られた。

[VW トゥアレグ値下げ]の続きを読む

スポンサーサイト

限定100台のアルファロメオ 159

アルファ159に100台限定の特別仕様車が出た。
ベースは159 2.2JTS セレスピード。
軽量化にブレーキなど走りに関する機能をバージョンアップ。


フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは2月13日より、アルファロメオ『159』の2.2リッターモデルの特別限定車「159 2.2JTS セレスピード コレクション」の予約受付を開始する。限定100台。

今回発売する特別限定車は従来のアルファ159 2.2 JTSセレスピードの装備や機能をアップデートしたモデルで、車両重量で従来のモデルより20kg軽量化した。新たに「電子制御式Q2機能」を装備、電子制御式スタビリティコントロールのVDCの新機能である個別ブレーキ制御機能を利用することでLSDのようにタイトコーナーなどでの駆動性能を一段と向上させる。

機械式ほど効くのかなあ。

[限定100台のアルファロメオ 159]の続きを読む

メルセデスベンツC200、直噴ターボ搭載

メルセデスベンツCクラスC200が一部改良。
最大の変更はエンジンを1.8リットルのコンプレッサーから1.8リットルの直噴ターボへ。
上級グレードC250CGIにかなり近づいた。


メルセデスベンツ日本は10日、メルセデスベンツ『Cクラス』の最量販グレード「C200」を一部改良して発売。新開発のガソリン直噴ターボエンジンの採用などにより環境性能を向上させ、名称も「C200CGIブルーエフィシェンシー」と変更した。

新開発された1.8リットル直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンは、最高出力184馬力、最大トルク270Nm(27.5kgm)を発生、燃費は11.6km/リットル(10・15モード)と、従来モデルのスーパーチャージャー付きエンジンと比べ、同等の出力を確保しながら、トルクで20Nm、燃費で約4%向上させている。

トルクアップで待ち乗りもすいすい。

[メルセデスベンツC200、直噴ターボ搭載]の続きを読む

ポルシェ、911ターボS

ポルシェ『911ターボS』およぴ『911ターボS カブリオレ』の受注が、3月1日(月)より開始される。
『911ターボS』は、ターボチャージャーを装備した『911ターボ』のハイパフォーマンスバージョンで、911のラインナップに復活するのは、じつに5年振りとのこと。

最高出力530ps、最大トルクは700Nmと恐ろしい数値。
もちろんこのパワーを受け止めるのは4WD。
ロスなく一気に加速しますよ!

 
 エンジンは『911ターボ』と同じく、可変タービンジオメトリーを採用したツインターボチャージャー付きのフラットシックスを搭載。最高出力はベース車から30psアップとなる530ps(390kW)を誇り、最大トルクは700Nmに達する。一方、燃料消費量は100kmあたり11.4リッターと、『911ターボ』と同等の数値に抑えられている。
 
 これに組み合わせるトランスミッションは、7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)のみ。駆動システムはポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)採用の4WDとなっており、ダイナミックエンジンマウントシステム、およびリミテッド・スリップ・リアディファレンシャル付きポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)が、走行安全性を確保する。

[ポルシェ、911ターボS]の続きを読む

アウディTT最強バージョン

アウディ・ジャパンは、TTシリーズのトップモデルとなる“アウディTT RS クーペ”を発表したようだ。
2月2日より販売開始!
まずはエクステリア。
フロントバンパー・リアスポイラー・ディフューザーがオリジナルデザインに。
また、インテリアもシートを始め一段とスポーティに。

まさしく本気のTT


 アウディTT RS クーペは、TTシリーズの、最強モデルたる“RS”の称号が与えられたハイパフォーマンスバージョン。R8やRS6など、アウディのハイエンドスポーツモデルを手がけるquattro GmbHが開発を行い、パワートレイン系のほか、内外装も大幅に手が加えられている。

 エクステリアでは、大型のエアインテークが備わったフロントバンパーをはじめ、存在を主張するフェンダーアーチ、そしてリアにはトランクからせり出すようにレイアウトされたスポイラーやディフューザーなど、オリジナルのTTから数段迫力を増したフォルムが与えられた。

 またインテリアは、基本構成こそオリジナルのTTと同様だが、ディンプル加工が施されグリップ部をくぼませることで握りやすさが向上したステアリングホイール、サポート性がアップしたバケットタイプのシートなど、スペシャルな雰囲気をかもし出している。

[アウディTT最強バージョン]の続きを読む



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。