スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【レクサス】デトロイトでLF-Aのオープンモデルを世界初公開

V10エンジン搭載のLF-A。

レクサスは、米国で開催されている北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)で、「LF-A Roadster」を世界初公開した。

 「LF-A Roadster」は、コンセプトモデルとして発表。レクサスが考えるハイパフォーマンスカーのあるべき姿を具現化した。
 エンジンは、5000cc以下のV10を搭載。最高出力は500馬力で、テスト走行では時速320km以上を記録している。トランスミッションは、SMT(シーケンシャル・マニュアルトランスミッション)。
ボディサイズは、全長4460×全幅1895×全高1220mm。ホイールベースは2605mm。

レクサスは、日本の枠にとらわれず自由な開発をしてますね。今後が楽しみ。
(引用:carview



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。