スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュービートルに6速ATが標準装備

フォルクスワーゲンの6速ATはなかなかいいですよ。

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが、ニュービートルの全グレードに、ティプトロニック付き6速ATを採用。同時に、新グレード“ヴィンテージ”を設定し、3月1日に発売すると発表した。

 1999年に発売されたニュービートルは、これまで4速ATが組み合わされていた。それが今回新たに全グレードに6速ATが採用されたことで、燃費は約4~7%改善されるという。また、CO2削減効果が上がることや多段化によりスムーズな加速感が実現することもメリットとして挙げられる。

 価格は、従来モデルの2万円高に抑えられた。各モデルの価格は、ニュービートルEZが236万円、ニュービートルが268万円、レザーシート仕様のニュービートルLZが298万円。

加速もかなりスムーズです。ゴルフプラスで経験しました。
トランスミッションの6速化に合わせ、内外装カラーコンビネーションが一部見直された。また新グレード“ヴィンテージ”がセダン、カブリオレ両方に加わったのもニュース。

“ヴィンテージ”は、2005年4月に発売された特別仕様車のニュービートル カブリオレ ダークフリント”と同じボルドーレッドのレザー内装、ガーネットレッドのソフトトップ(カブリオレのみ)と、ブラックおよびシルバーのボディカラーを組み合わせた、クラシック感あるカラーコンビネーションが特徴のモデル。

 価格は、ニュービートル ヴィンテージが300万円、ニュービートル カブリオレ ヴィンテージは362万円に設定される。

踏み込めば、高回転までビューンと回るから、楽しいよ。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。