スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディR8 TDI Le Mansを発表

ディーゼルエンジンのスポーツカー登場!

アウディはジュネーブショーで、V12ディーゼルエンジンを搭載したスーパースポーツ“アウディR8”を出展した。

 アウディは、ディーゼルエンジンの開発に積極的な姿勢を見せており、近年はルマン24時間レースにディーゼルエンジン搭載のレーシングカーR10で出場、2006年、2007年に連続優勝を成し遂げている。

 今回ジュネーブショーに出展したR8 TDI Le Mansは、そのディーゼル技術を駆使し、高出力化を果たしつつ、環境に優しく仕上げたクリーン・スポーツカーだ。

エンジン音はやっぱりトラックみたいんかな。
搭載エンジンは、6リッターの排気量から最高出力500hp、最大トルク102kg-mのハイパワー&トルクを発生。高出力なだけでなく、コンパクトに仕上がっているのもこのV12の特徴で、エンジン長はV8 TDI比で166mm長いに過ぎない。バンク角は60度と横方向への拡がりも少なく、コーナリング時のイナーシャを少なくする効果もある。

 環境性能については、コモンレールインジェクションの高圧噴射化や、ディーゼルパティキュレートフィツター装着などの後処理装置により、次々世代の排出ガス基準ユーロ6をパスするポテンシャルを持つ。従来のスーパーカーの性能はそのままに、環境性能をグッと高めたのが、アウディR8 TDI Le Mansだ。

何回転まで回るんでしょう。
NAなのに強烈なトルクだ。
走る姿・サウンドを聞いてみたい。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。