スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界限定生産のサーブ・ターボX

限定のサーブ。

ゼネラルモーターズ・アジア・パシフィック・ジャパンは、ターボモデル販売30周年を記念する世界限定生産モデル“サーブ・ターボX”を発表、サーブ正規ディーラーを通じ、6月7日(土)から発売を開始する。

 今回設定されたサーブ・ターボX(Saab Turbo X)は、サーブのターボモデル販売30周年を記念する、世界で2000台限定生産のハイパフォーマンスモデル。セダンとエステートの2モデルを用意し、最高出力280馬力、最大トルク40.8kgmを発生する、2.8リッターV6ターボエンジンを搭載。革新的なサーブのフルタイム4WDシステム“XWD(クロスホイールドライブ)”を組み合わせることで、セダンの0-100km/h加速は5.7秒(本国M/T仕様車)を達成する。

なかなかの強敵じゃないですか。
また、19インチアルミホイール、専用にチューニングされたスポーツサスペンション(リヤには車高調整ショックアブソーバーを装備)、専用大径フロントブレーキ(345mm:ベンチレーテッドディスク)に加え、個性的なエアロキットが新たに与えられたことで空力性能も高められている。

 サーブは、1977年のフランクフルト モーターショーで自動車業界初となる一般量産乗用車にターボエンジンを搭載したモデルを発表、世界を驚かせた。その後、他の自動車メーカーはサーブに追随する形でターボモデルを発表し、サーブはターボエンジン搭載モデルのトレンドセッターとなった。販売開始30周年の節目となった昨年のフランクフルトモーターショーで“SaabTurbo X”を発表し、今年、世界で2000台の限定生産モデルとしてリリースする。なお、日本での価格はスポーツ・セダンが670万円、スポーツエステートが690万円で、30台(セダン20台、エステート10台)のみが導入される。

インプレッサの1.5倍か・・・
もう少し頑張ればGT-R・・・

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。