スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アルファ159セレスピードに「TI」が出た

TIを待ち望んでいた方も多いはず!

フィアット・グループ・オートモービルズ・ジャパンは、アルファ159の2.2 JTS セレスピードモデルに、よりスポーティーな「TI」を設定し、3月22日から発売する。

 同車は、アルファ159 2.2 JTS セレスピード (標準モデル) をベースに、よりスポーティーかつスタイリッシュな装備を充実させたモデル。「TI」とは、Turismo Internazionale (トゥリズモ インテルナツィオナーレ) の頭文字をとったもので、標準仕様のモデルから派生した、歴代のアルファロメオの中で最もスポーティーな装備をまとったモデルに与えられてきた称号となる。

 今回販売が開始されるアルファ159 2.2 JTS セレスピード TI は、ローダウンタイプのスポーツサスペンションを装着したほか、235/40R19タイヤにTI 専用の19インチ・アロイ ホイールを組み合わせ、よりスポーティーな走りを実現させた。

なかなかの極太タイヤじゃないですか。
また、TI専用のサイドスカート、鮮やかなレッド仕上げとしたブレーキキャリパー (フロントはブレンボ製) やアルミマット仕上げのヒーテッド電動ドアミラーなどを装備する。

ブレンボ!

 インテリアでは、TI専用のダークカラーでまとめられたインテリアトリムに、アルファロメオのロゴを赤の刺繍であしらった専用のスポーツレザーシート (ブラック) を採用。このほか、パドルシフトを装備した専用レッドステッチ入りスポーツレザーステアリング (オーディオコントローラー付) や、ダーク色調の専用アルミ製ヘアライン仕上げセンターパネル、専用デザインのメーターパネル、アルミ製スポーツペダル、TI専用キックプレートなどを装備している。

 価格は460万円(税込)。

 ちなみに今回、アルファ159 2.2 JTS セレスピード TIが発売されることにより、アルファ159のTIバージョンは、すでに販売している3.2リットル・AT仕様のアルファ159 3.2 JTS Q4 Q-トロニック TIと合わせて2機種となる。

3.2も魅力だけど、2.2は軽快に走りそう。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。