スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シボレー カマロ 新型に4気筒エンジン搭載

らしくないカマロ登場か。

GMのボブ・ラッツ副会長が、来2009年2月に09年モデルとして発売開始予定の新型シボレー『カマロ』に、4気筒エンジンを搭載することを検討中であると明らかにした。

このエンジンはポンティアック『ソルスティス』、サターン『スカイ』ロードスターなどに搭載されているもので、2.0リットル・ターボチャージャー付き、ダイレクトインジェクション4気筒エンジン。

GMではカマロにV6、V8エンジンを予定していたが、ガソリン高が続く中で、低燃費バージョンとしての4気筒エンジンは可能性がきわめて高い。

エンジン音が違いますからねえ。でも、エコには勝てないか。
ラッツ氏は、キャデラック『CTS』に搭載されているのと同じ3.6リットル・ハイテクV6搭載仕様については実現の予定、としているが、いっぽう当初予定されていたローテクV6を搭載したエントリーモデルについてはラインナップから外される見込み。この理由についてラッツ氏は、「カマロをフォード『マスタング』やダッジ『チャレンジャー』のライバルとなるプレミアムカーと位置づけるため」と説明している。

価格については明らかにされていないが、この点についてもラッツ氏は「マスタングよりも標準装備が充実しており、価格は若干高くなる」と言及。マスタングはV6クーペのベース価格が2万0235ドル、V8・GTクーペが2万6825ドルである。しかしラッツ氏は「カマロはマスタングより優れた車になる」と自信満々で、来年からの販売への期待をのぞかせた。

ライバルがいれば、きっといい車になりますね。
(引用:ライブドアニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。