スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジープ・ラングラーに究極のオフロード性能を誇るモデルを追加

ジープらしさが好き。

クライスラー日本は、ジープ・ラングラーの4ドア5人乗りアンリミテッドに「ラングラー アンリミテッド ルビコン」を追加して4月29日から発売する。

 同車は、最高出力199馬力、最大トルク32.1kg-mを発生する3800ccV6エンジンに4ATを組み合わせたほか、本格的なオフロード走行にも耐えうるロックトラック4x4システムを装備するなどルビコン専用設計がされたモデル。

TVの撮影で使われていたけど、オンロードもなかなか似合う。
このほか、前輪のストロークを28%増加させることで荒れた地形での接地性能を最大限にアップさせる電子制御式フロントスウェイバーディスコネクティングシステムや、フロントおよびリアのロッキングディファレンシャルを装備。センタースタックにあるスイッチで簡単にオン/オフすることが可能なロッキングディファレンシャルでは、巨大な岩を登るときや急な傾斜を上るときなど、左右のホイールに同等のトルクを配分し、低速での高い機動性を発揮する。

 エクステリアには、サイドシル部にロックレールを装備し、岩山などでボディの保護を強化。またボンネットフードに「RUBICON」ステッカー、17インチアルミホイールを装備することでたくましさも強調されている。

 価格は483万円(税込)。

めちゃめちゃ強そう。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。