スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェ 911 カレラ 09年モデル

いいエンジンと、いいミッションを積んだ新型911が登場!

ポルシェジャパンは、ポルシェ『911』で「タイプ997」の第2世代となる「カレラ」、「カレラS」、「カレラカブリオレ」、「カレラSカブリオレ」を発表した。受注開始は7月1日から。

新世代の911には、DFI(ダイレクト・フューエル・インジェクション)とダブルクラッチ式のトランスミッションのPDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)を搭載した。

4つのニューモデルには、3.6リットルと3.8リットルの新設計の水平対向6気筒エンジンを搭載、ハイレベルなパフォーマンスを発揮する。ポルシェに初めて導入されたDFIは、PDKと相まって、スポーティでダイナミックな走行性能に進化したとしている。

ポルシェでも気になる燃費は・・・
ニュー911カレラ(PDK搭載車)の走行距離100kmあたりの燃料消費量は9.8リットルに抑えた。ニュー911カレラは、どのモデルも100kmあたりの燃料消費量で11リットルを大幅に下回っているほか、CO2排出量も従来モデルと比較して最大15%%削減したとしている。

911カレラに搭載される3.6リットルエンジンは、これまでのモデルと比べて最高出力を20PSアップして345PSを発揮、911カレラSの3.8リットルエンジンでは30PS増の385PSを実現する。

このパワーでこれだけの燃費ならば、◎でしょう。

ポルシェが新たに開発したダブルクラッチ式のトランスミッションのポルシェ・ドッペルクップルング(PDK)を初めて採用する。前進7速のギアが組み込まれたこの新しいトランスミッションは、トルクコンバーター付オートマチックトランスミッションに特有の走行快適性と、レース用のシーケンシャルトランスミッションに備わったダイナミックなシフトチェンジ特性を兼ね備える。

PDKでは最適化されたアダプティブ制御のシフトプログラムにより、車の加速性能を高めると同時に、これまで以上に燃料消費量を低く抑える。

今回発表のこれらのモデルには、クラリオン製カーナビゲーションシステムを標準装備する。

価格は1162万 - 1627万円。

ミッションが頼もしいなあ。
扱ってみたい。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。