スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アウディ、新型A4アバントを発売

いよいよアバントの出番です。

アウディ・ジャパンは、新型アウディA4アバント1.8TFSI/3.2FSI quattroをアウディ正規ディーラーネットワークを通じ、8月19日から発売を開始する。

 新型アウディA4アバントは、今年3月の市場投入から、環境への配慮とスポーティなドライビング性能、スタイリッシュなデザインとラグジュアリーモデルに匹敵する快適性の実現で、好評を博しているアウディA4セダンのステーションワゴンタイプ。

アバントにミッションの設定があったら100%購入してます。


 同車は、地球環境に配慮した2種類のガソリン直噴エンジンを採用し、ハイパワーと低燃費・低排出ガスを同時に実現。1.8TFSIは従来型と比べて10・15モード走行で17.5%燃費性能を向上、1km走行当たりのCO2排出量換算値は14.5%低減している。低燃費・高出力を実現するアウディ・バルブリフト・システムを採用する3.2FSI quattroは従来型と比較し3.9%の高出力化を図りながら、同燃費性能を9.4%向上し、CO2排出量を8.6%低減。

エンジンはA4アバント1.8TFSIが、最大出力160馬力を発揮する1.8リッター直4直噴ターボ、また3.2FSI quattroは、最大出力265馬力を発揮する3.2リッターV6エンジンを搭載した。

3.2LV6でグイグイ走りたい。
アウディA4アバントは、フロントアクスル搭載位置を移動し、前後の重量配分の最適化を図った新しいドライブトレインを採用。ドライビング性能と快適性を高い次元で両立した。この新しいドライブトレインは、デザインにおいても、さらにスポーティでダイナミックなフォルムを実現。また、ロングホイールベースがもたらすローアンドワイドなプロポーションと、ルーフからリヤエンドまで続く、流麗なルーフラインによって、アウディアバントの名に相応しいダイナミックでエレガントなデザインを実現している。

見た目にもいいバランスしている。

 またプレミアム・ミッドサイズ・ステーションワゴンのカテゴリーで最大容量の490リットル(従来モデル比48リットル増)を誇るラゲッジルームは、荷物の出し入れの利便性を高めた新構造のラゲッジカバーや、リバーシブルラゲッジフロアを採用した。

 インテリアでは、上級モデルで設定されている最新のマルチメディアインターフェイス(MMI、フルセグ放送対応地上デジタルTVチューナ内蔵)や、アウディミュージックインターフェース(AMI)を標準装備。デンマークの高級オーディオ、バング&オルフセンのカーオーディオをオプション設定している。また、電動チルト&スライド式のガラスサンルーフと、固定式のガラスサンルーフを組み合わせた大面積のガラスパノラマサンルーフをオプションで、明るく開放的なドライビングが楽しめる。

 価格は1.8TFSIが437万円、3.2FSI quattroが663万円。

高級感がありつつ、スポーティな部分も持っているので、ちょっと大人なレガシィツーリングワゴンですか。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。