スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型アウディRS6セダン

スポーツカーも真っ青ですよ。

独アウディが、最高出力580psのV10ツインターボ搭載のモンスターセダン、新型RS6を発表した。

 新型RS6セダンは、先に登場したワゴン版の「RS6アバント」同様、V10ツインターボエンジンを搭載するA6シリーズの最上級スポーツモデルだ。

 デザインは、このたび発表された新型A6セダンをベースとしており、それを元にブリスターフェンダーにより全幅を拡大。標準車より片側35mmずつ膨らんだ迫力のワイドボディを特徴とする。

こういうコンセプトがあるアウディはすばらしい。
エンジンは、排気量5リッターのV10に、ツインターボを組み合わせた直噴V10ビターボ。さらにエンジン重心高を低く配置できるドライサンプ式を採用するなど、その内容は完全にレーシングスペックだ。

 公表値は、最高出力580hp、最大トルク66.3kg-mとド級の性能を持つ。トランスミッションは、高トルクに耐えうる6速ティプトロニックAT。耐久性向上に加え、シフトチェンジタイムを10分の1秒に短縮するなどの専用チューンが施される。0-100km/h加速は4.5秒と驚くほど速い。

 新型RS6セダンは、ドイツでは10月中旬に販売が開始され、その後、各市場に投入される予定。ドイツでの現地価格は10万5550ユーロ(約1720万円)。

どこで走るんじゃい、ってかんじですが、すごい性能。
値段もハンパない。スーパーカー買えます。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。