スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプラッシュ、違いの分かる人へ

欧州生まれのコンパクトカー。

10月21日、スズキから新型コンパクトカーの『スプラッシュ』が発売された。昨年の東京モーターショーにも参考出品されていたスプラッシュは、欧州での販売を主眼に置いたコンパクトカーで日本で販売するクルマもスズキのハンガリー工場で生産され、完成車が輸入される。

プラットフォームは『スイフト』をベースに30mmショートホイールベース化し、パワートレインもスイフトと共通の1.2リットル&CVTを搭載。開発にあたってはOEM供給先となるオペルと共同で進められ、主にデザインやブレーキのフィーリングなどは積極的にオペルの意見も取り入れているという。

スイフトの評価高いですから、期待できますね。
スプラッシュのアシスタントチーフエンジニアを担当した鈴木さんは「スプラッシュはワールドワイド・トールコンパクトを開発コンセプトとし、開発から生産まで欧州で行われているグローバルカーです」

「ヨーロッパ生まれのデザインや運転しやすいパッケージング、スイフト譲りの高い走行性能と6個のエアバッグを標準装備した高い安全性をセールスポイントに、販売を進めていきたいと思っています」

見るからに運転しやすそう。


「特に足回りに関しては欧州仕様と同じセッティングにしていますので、欧州コンパクトカーのような軽快なフットワークに仕上がっています。日本国内でのライバルは『ヴィッツ』や『デミオ』になると思いますが、そういった純国産のコンパクトカーとの走りの違いが分かるお客様に乗っていただけたら幸いです」とコメント。

欧州仕様の足回りはいいと思う。MTで操ってみたい。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。