スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F430ベースの限定車

注目のフェラーリの限定車です。
フェラーリは、2008年のF1コンストラクターズタイトル獲得により、16度目のタイトル獲得を記念した限定車“スクーデリア・スパイダー16M”を、ムッジェロサーキットで開催された“フィナーリ・モンディアーリ”で発表した。

 スクーデリア・スパイダー16mは、8気筒ミッドリア・エンジンモデルの最先端テクノロジーを結集したとするスペシャルモデル。フィオラノ・サーキットでのラップタイム計測では、フェラーリのオープントップロードカーの中で最速タイムをマークしたという。この特別シリーズモデルは、限定499台が生産される。

私は、フェラーリなら8気筒が好きです。
技術的な特徴は、F430スパイダーより80kg軽量な1340kgの車重と510hpまで高められたV8エンジンにより、2.6kg/hpのパワー・ウエイト・レシオを実現。これにより0-100km/h加速が3.7秒、最高速315km/hを実現した。

おそろしく速いにちがいない。


 ボディカラーは、ブラックにグレーのトリムの入った標準タイプと、カロッツェリア・スカリエッティ・パーソナライゼーション・プログラムで選択可能なトリコロールという2つの新しいテーマカラーを用意。また、リアグリルには、スペシャルプレートが装備される。

 インテリアは、ダッシュボード中央のエアベントに“Serie Limitateと記されたシルバープレートを装備。そのほかカーボンファイバー製アウターシェルを備えたロールバーや、iPod対応の新世代オーディオシステムなどが用意される。

最先端だ。


 価格や日本での販売時期など具体的なことはまだ発表されていない。

乗ってみたいものだ。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。