スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パナメーラ、インテリア初公開!!

聞きなれないですが、ポルシェの新型4ドア。

ポルシェは12日、『パナメーラ』のインテリア写真を公開した。2008年11月に明らかにされたのはエクステリアのスタイリングのみ。今回、エンジンスペックや価格も公表され、新型の全容が判明した。

パナメーラの室内は、4ドアスポーツクーペにふさわしい独自の世界を構築。中央を貫くセンタートンネルは、独立4シーターのレイアウトを引き立てている。適度なタイト感を持たせたコクピットは、ポルシェらしいものだ。

エクスクルーシブな雰囲気を演出してくれるのが、豊富なコーディネートが可能なトリム。上質なレザーは13色から選べ、ツートン色も4タイプを設定。カーボンやオーリーブウッドなど装飾パネルも、7種類用意している。

内装も豪華そうですね。
後席は低めのヒップポイントのおかげで頭上空間に余裕があり、足元も広々。ドイツ「Brrmester」社製のハイエンドオーディオは、コンサートホールのようなサウンドを聴かせてくれる。ヘッドレストモニターや、4席独立で温度&風量が調整できる4ゾーンオートエアコンもオプション設定された。

頭がリア窓に当たる感覚があると疲れますからねえ。空間があるのはうれしい。


ターボにはシートやステアリング位置をメモリーできる機構が標準装備。トランクは4つのスーツケースが積載できる広さで、容量はVDA計測で、ターボが432リットル、「S」と「4S」は445リットルを確保した。安全面では運転席&助手席エアバッグに加えて、カーテンエアバッグ、サイド&ニーエアバッグを標準装備。後席サイドエアバッグはオプションで装着できる。

エンジンは『カイエン』と共通の直噴ガソリン3機種だが、3.6リットルV6の「パナメーラ」(ベースグレード)は遅れてデビューする。当初はV8モデルのみで、「パナメーラS」と「パナメーラ4S」は4.8リットルV8(400ps)、「パナメーラターボ」は4.8リットルV8ツインターボ(500ps)を搭載している。

さすがポルシェ。コイツは早い4ドアだ。

トランスミッションは7速2ペダルMTの「PDK」(ポルシェ・ドッペル・クップリング)が基本で、パナメーラSには6速MTも用意される。PDK車には、ステアリングホイールにパドルシフトが組み込まれる。

駆動方式はパナメーラSがFR、4Sとターボは4WD。0-100km/h加速はSが5.4秒、4Sが5秒、ターボが4.2秒。最高速度はSが283km/h、4Sが282km/h、ターボが303km/hと、ポルシェの名に恥じない一級のパフォーマンスを実現している。

すごい!


欧州複合モード燃費とCO2排出量は、Sが9.26km/リットル、253g/km、4Sが9km/リットル、260g/km、ターボが8.2km/リットル、286g/km。PDK仕様にはアイドリングストップ機能が付く。

パナメーラは4月の上海モーターショーで正式デビューを飾る。販売開始はドイツが9月12日、北米が10月17日。ドイツでの価格は、Sが9万4575 - 9万8085ユーロ(約1093 - 1134万円)、4Sが10万2251ユーロ(約1182万円)、ターボが13万5154ユーロ(約1562万円)となっている。

燃費もそんなに悪くないね。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。