スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BMW M3 "GTS"ってなんだ?

サーキット走行を視野に入れたM3GTSが出た。
なんと排気量UP、軽量化が施されスポーツ性能は相当高められたと見る。


独BMWは、BMW M3に排気量アップや軽量化などのチューニングを施したスペシャルモデル"M3 GTS"を、2010年春より本国で発売すると発表した。

 M3 GTSは、BMWの子会社であるM社がサーキット走行を楽しむエンスージャストに向けに開発した受注生産モデル。クラブイベントなどのサーキット走行をさらに楽しめるように、走行性能を高める数々のチューニングを施している。

 GTSならではのポイントとして、車体の軽量化やエンジンの出力アップが筆頭に挙げられる。軽量化の手法は、チタン製サイレンサーの採用、センターコンソールおよびドア内張りの軽量化、リアシートの取り外し、オートエアコンの簡素化など。防音材も取り除かれる。

やはり2名乗車だね。
エンジンは、排気量が4.0リッターから4.4リッターに高められ、最高出力は450hpを発生する。ピストンをはじめとする構成パーツに専用品が使われており、クランクケースは軽量化のためベッドプレート構造を採用、素材にはアルミニウム/シリコン合金を採用するなど軽量化を徹底している。このほか独立式スロットルバタフライの採用や、高い横Gがかかっても安定したオイル供給を行う潤滑システム(ウェットサンプ式)など、モータースポーツのノウハウを活かしたM社ならではのチューニングが施される。

BMWpower炸裂!!

 さらに、強化型サスペンションやツーリングカーレースのノウハウをフィードバックしたエアロダイナミクスパーツなどを採用。パワーアップにあわせブレーキもフロント6ポット、リア4ポットの高性能システムを奢るなど、レーシングカーばりの本格チューンが施されている。

 ノーマルでも高い性能を秘めたM3のパフォーマンスをさらにレベルアップしたM3 GTS 。エンスージャストにはたまらない1台といえるだろう。

まんまレーシングカーだよね。

(引用:carview

!緊急告知!
ほんとに見たいホームページリンク」完成!
気になる車の“こだわりページ”はここでチェックできます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。