スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォルクスワーゲンのR-Line

VWにR-Line登場。

独フォルクスワーゲンは現地時間16日、パサートCCに、エアロパーツをはじめとするスポーティな装備をセットオプションとした“R-Line”を設定し、販売を開始した。

 R-Lineは、標準モデルとはひと味違ったスポーティな内外装が好評を博しており、現在本国ではゴルフやシロッコ、ティグアンなど7車種に設定されている。

スポーティに乗りたい人にはうれしいセットオプション。
パサートCC用のR-Lineには、エクステリアに17インチの“Mallory”アルミホイール(オプションで18インチも選択可能)、専用デザインのフロントスポイラー&サイドスカート、スモークタイプのテールランプなどが装備される。

 インテリアには、3本スポークのレザーステアリングホイール(マルチファンクション機能付き)や専用サイドシルプレートが備わり、車両前後の障害物の存在を警告するパークパイロットシステムも装備される。

 本国でのオプション価格は、2200ユーロ(約28万6000円)で、すべてのグレードで選択可能となっている。

これは安い。
人気が出れば日本にも入ってくるかもしれない。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。