スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポルシェ、911ターボS

ポルシェ『911ターボS』およぴ『911ターボS カブリオレ』の受注が、3月1日(月)より開始される。
『911ターボS』は、ターボチャージャーを装備した『911ターボ』のハイパフォーマンスバージョンで、911のラインナップに復活するのは、じつに5年振りとのこと。

最高出力530ps、最大トルクは700Nmと恐ろしい数値。
もちろんこのパワーを受け止めるのは4WD。
ロスなく一気に加速しますよ!

 
 エンジンは『911ターボ』と同じく、可変タービンジオメトリーを採用したツインターボチャージャー付きのフラットシックスを搭載。最高出力はベース車から30psアップとなる530ps(390kW)を誇り、最大トルクは700Nmに達する。一方、燃料消費量は100kmあたり11.4リッターと、『911ターボ』と同等の数値に抑えられている。
 
 これに組み合わせるトランスミッションは、7速PDK(ポルシェ・ドッペルクップルング)のみ。駆動システムはポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)採用の4WDとなっており、ダイナミックエンジンマウントシステム、およびリミテッド・スリップ・リアディファレンシャル付きポルシェ・トルク・ベクトリング(PTV)が、走行安全性を確保する。
0-100km/h加速は3.3秒
0-200km/h加速タイムは10.8秒
最高速度は315km/h
と文句の付けようのない性能。


これらの装備と同様、スポーツクロノパッケージ・ターボも全車に搭載されており、ローンチコントロール機能により、0-100km/h加速は3.3秒をマーク。0-200km/h加速タイムは10.8秒、最高速度は315km/hに達する。また、軽量で優れた耐フェード性を誇るポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキにより、制動力と操作性も傑出したパフォーマンスを備えている。
 
 このほかにも、ダイナミックコーナリングライト、センターロックシステム採用の19インチ・RSスパイダー・デザインホイール、パドルシフト付3本スポークステアリング、アダプティブスポーツシート、クルーズコントロールなどを標準装備。インテリアトリムは専用のツートンカラーレザーを採用しており、ブラック/クリームまたはブラック/チタニウムブルーから選択することができる。
 
 ■価格
 911ターボS:2365万円
 911ターボS カブリオレ:2646万円

カブリオレでオープン状態でこの加速はおそろしいでしょうね。
(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。