スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルセデスベンツC200、直噴ターボ搭載

メルセデスベンツCクラスC200が一部改良。
最大の変更はエンジンを1.8リットルのコンプレッサーから1.8リットルの直噴ターボへ。
上級グレードC250CGIにかなり近づいた。


メルセデスベンツ日本は10日、メルセデスベンツ『Cクラス』の最量販グレード「C200」を一部改良して発売。新開発のガソリン直噴ターボエンジンの採用などにより環境性能を向上させ、名称も「C200CGIブルーエフィシェンシー」と変更した。

新開発された1.8リットル直列4気筒ガソリン直噴ターボエンジンは、最高出力184馬力、最大トルク270Nm(27.5kgm)を発生、燃費は11.6km/リットル(10・15モード)と、従来モデルのスーパーチャージャー付きエンジンと比べ、同等の出力を確保しながら、トルクで20Nm、燃費で約4%向上させている。

トルクアップで待ち乗りもすいすい。
また、空気抵抗を低減するラジエターや省エネタイプのオルタネーターなど、燃費の向上とCO2排出量の低減に寄与するテクノロジーを採用したモデルに「ブルーエフィシェンシー」と名付け、環境に配慮したモデルであることをアピールしている。

価格は従来モデルから据え置き、セダンが440万 - 492万円、ステーションワゴンが460万 - 513万円。なお、一部のオプション付きモデルは「経年車(車歴13年超車)の廃車を伴う新車購入補助」対象モデルとなっている。

エンジン変更して価格据え置き。
さらに新型エンジンの搭載にあわせて遮音性の高いエンジンヘッドカバーや静粛性を高めたタイミングチェーンなど、室内の快適性も大きく向上していると言う。

これだけ性能アップして、なんとお得な仕様なんでしょう。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。