スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CR-Zがカーオブザイヤーの最有力候補に!

はやくもホンダCR-Zが2010年カーオブザイヤーとの声も。
やはり燃費のいいスポーツカーを誰もが待ち望んでいたということなんでしょうか。
こういう声を聞くと試乗してみたくなりますねえ。


ホンダによると、「CR-Z」は「Compact Renaissance Zero(コンパクト・ルネッサンス・ゼロ)」の略。「従来の価値にとらわれず、新しいコンパクトカーを創造するという志のもと、原点(ゼロ)に立ち返ってチャレンジする、という意を込めた」という。具体的には 1.5L(リットル)のガソリンエンジンにホンダ独創のハイブリッドシステムを組み合わせ、10.15モードでリッター25.0キロの低燃費と俊敏な走りを実現した。

ガンガン走った場合にはどれだけの燃費になるのかも気になるところ。
いろんな方の評価を聞きたい。


注目すべきは、エンジン、モーター、トランスミッション、電動パワーステアリング、エアコンなどを統合制御することで、積極的に走りを楽しむ「SPORTモード」、走りと燃費性能のバランスに優れた「NORMALモード」、実用燃費向上を図る「ECONモード」を選択できる点だ。

ホンダによると、このエンジンとモーターの組み合わせで、高出力、低燃費、クリーン性能を高次元で達成し、「1.5Lエンジンながら2.0Lエンジン並みの加速性能と圧倒的な低速トルクを実現した」という。スポーツカーには定番の6速マニュアルミッションも、HVでは世界で初めて搭載。メーカー希望小売価格(2タイプ)は226万8000円と249万8000円だ。

この調子でどんどん楽しい車が増えていくといいですよね。
「走る」のが好きな者にとっては、五感を刺激してくれる車はたまりません。
この価格帯で、これだけの性能をもつHVを市販できるメーカーは現時点で世界でもトヨタとホンダに限られており、スポーツカーはホンダの独壇場といえる。環境に配慮したエコなライトウエイトスポーツカーは、若者はもちろん、子育てを終えた熟年カップルなどがターゲットだ。クルマ好きのユーザーの間では「トヨタプリウスやホンダインサイトなどHVは燃費は良いが、運転しても楽しくない」という声があった。ホンダらしいスポーツ心と革新性をもったCR-Zの登場で、スポーツカーとHVに対するユーザーの価値観が変わる可能性がある。

やはりそうですよね。
プリウスに乗っちゃうとECOメーターを気にしてついついアクセルをセーブしちゃいます。いいことなんですがね。
でも、楽しさは???

秋にはプリウスのスポーツクーペが出るとのことなので、トヨタの巻き返しも気になるところだ。

(引用:ライブドアニュース


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。