スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルセデス GLE にAMG

メルセデスベンツが、『GLE 450 AMG 4マチック』を欧州で発表した!
今回のモデルは、AMGが新たに設定した「AMGスポーツ」シリーズの第三弾モデルとなる。
つまり、『63』、『45』などのAMG車とメルセデスベンツ車に広く用意される「AMGスポーツパッケージ」の間を埋める新しいシリーズとなる。


第一弾として2015年1月、デトロイトモーターショー15で初公開されたのが、新型車の『GLEクーペ』ベースの『GLE 450 AMGクーペ』。そして今度は、『Mクラス』の大幅改良モデルの『GLEクラス』にも、AMGスポーツが用意される。

気になるスペックは
[PR]
竹中平蔵さん監修の経済動画サービス


GLE 450 AMG 4マチックのパワートレインは、GLE 450 AMGクーペと基本的に共通。直噴3.0リットルV型6気筒ツインターボは、最大出力367hp/5500-6000rpm、最大トルク53kgm/2000-4200rpmを引き出す。トランスミッションは、9速ATの「9G‐トロニック」。駆動方式は4WDの「4マチック」で、前後駆動力配分は40対60を基本とした専用仕様。0-100km/h加速5.7秒、最高速250km/h(リミッター作動)の性能を実現した。

外観は、前後バンパーやリアスポイラー、20インチのアルミホイールなどが、「AMGスポーツ」の専用デザイン。タイヤは265/45R20サイズが標準。内装は、スポーツシートやナッパレザーのフラットボトムステアリングホイールが、AMGスポーツ仕様。アルミトリムや、アルミペダルも採用された。「スポーツダイレクトステア」システムは、走行モードがダイヤル操作により5種類に切り替えられ、サスペンションやステアリング、スロットルレスポンスなどの特性が変化する。

AMGモデルに比べると大人しいが、普段使用するには十分な内容。
前後駆動配分なんかも、FRよりでハンドリングが楽しそうだ。
外観は20インチと迫力があり、内面でも高性能スポーツカー並みの仕様。
ワクワクする車だね。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。