スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レクサスRXがフルモデルチェンジ! 直噴ターボ搭載

レクサスの主力SUV「RX」がフルモデルチェンジしたよ!
10月22日発売。
今回のモデルは1998年の初代から数えて4世代目。
トピックスは、2.0リッター直噴ターボエンジンの搭載かな。(「NX」などと同型)

グレード構成もシンプルで分かりやすくなったよ。
ターボの「RX200t」、ハイブリッドの「RX450h」の2タイプ。
価格は495万円~742万5,000円。
月販目標台数は500台を予定。


■SUVらしい力強さと大人の色気を両立
「RXでありながら、RXを超えていく」をコンセプトに開発された新型RXは、大胆なスピンドルグリルをはじめとした最新のレクサスデザインをまとい、先代モデルよりもシャープかつ力強く、大人の色気を感じさせるものへと刷新された。大きく張り出した台形フェンダーや、クォーターウインドウをメッキで縁取り、ブラックアウトしたクォーターピラーを浮いたように見せるルーフ処理なども見どころになる。

ボディサイズは全長4,890(従来比+120)×全幅1,895(同+10)×全高1,710(同+20)、ホイールベース2,790(同+50)mm。弟分である「NX」の登場もあり、先代モデルから一回り大きいボディとゆとりある室内空間を確保した。

インテリアの雰囲気も大きく変わった。デザインの狙いは上質感と先進性、コックピットのような包まれ感と階段状に構成したインパネによる広々とした開放感の両立。また、12.3インチワイドディスプレイや両サイドに「ENTER」ボタンを追加したリモートタッチなども採用されている。

ゆとりある室内空間はうれしい。
■「ターボ」もしくは「ハイブリッド」という選択
パワートレーンは前述の通り、ターボとハイブリッドの2種類。ダウンサイジング型の2.0リッター直噴ターボは6ATと組み合わされ、最高出力は238ps、最大トルクは1650rpmの低回転域から350Nmを発揮する。JC08モード燃費は11.8km/L(FF)。

一方のハイブリッドは、3.5リッターV6とリダクション機構付のTHSIIを組み合わせ、最高出力262ps/最大トルク335Nm、JC08モード燃費はクラストップレベルの18.8km/L(FF)を達成している。

また、レーザースクリューウェルディングと構造用接着剤によるボディ剛性強化やフロントスタビライザーの大径化、エンジンマウントの配置変更、サスペンションチューンの最適化などによって、優れた応答性と快適な乗り心地を両立させたという。

低回転からのゆとりあるトルク。街中もスイスイ。
ハイブリッドの燃費は◎。
ボディ剛性の強化で、サスもよく動き、助手席も心地よさそう。


■「レクサス セーフティ システム+」を標準装備
安全面では、4つの先進安全技術をパッケージ化した「レクサス セーフティ システム+」を全車に標準装備している。4つの先進安全技術とは、プリクラッシュセーフティ(歩行者検知機能付)、レーンキーピングアシスト、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロール(全車速追従機能付)。

また、路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」やブラインドスポットモニター、レクサス初採用のリヤ・クロストラフィック・オートブレーキなどもオプション設定されている。

グレードならびに価格

RX200t=495万円(FF)、521万円(AWD)
RX200t "F SPORT"=605万円(AWD)
RX200t "version L"=595万円(FF)、621万円(AWD)

RX450h=602万5,000円(FF)、628万5,000円(AWD)
RX450h "F SPORT"=742万5,000円(AWD)
RX450h "version L"=702万5,000円(FF)、728万5,000円(AWD)

どれがいいかなあ?

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。