スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新型ホンダ シビック タイプR やっば~い

このタイプRは相当ヤバい。
VTEC+ターボのすごいやつ。
スペックは、310ps/40.8kgm。
ライバルは、メガーヌ ルノー・スポール?(265ps/36.7kgm)
でもエンジン性能だけを見るとタイプRに軍配だよ。


ホンダが10月28日、東京モーターショー15で国内発表を行う新型『シビック タイプR』。
ホンダは、同車のコンセプトを公表した。

新型シビック タイプRのコンセプトは、「心昂ぶるブッチギリの走り」。ブッチギリという言葉に、ホンダの新型に対する並々ならぬ自信がうかがえる。

それも当然だろう。新開発の直噴2.0リットル直列4気筒ガソリン「VTEC TURBO」エンジンは、最大出力310ps、最大トルク40.8kgmを発生。ホンダは、「圧倒的パフォーマンスとダイナミック性能を両立させた、歴代最高のタイプR」と胸を張る。
[PR]
メル友・飲み友・恋人・結婚相手、
希望の相手がすぐ見つかる!【登録無料】



歴代最高のタイプRを裏付けるデータのひとつが、ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイム。新型は、7分50秒63のラップタイムを計測。ホンダによると、量産FF車で最速という。

ホンダは、新型の心臓部のエンジンについて、「パワー、トルク、レスポンスのバランスを高い次元で取った」と説明している。なお、新型は日本国内では750台の限定発売となる。

このパワーをFFで受け止めるのは、大変。どんな足回りになっているのか試乗してみたい。

(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。