スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

覆面パトカー見っけ!

鋭いあなたなら大丈夫?
高速道路でピーンと来たらスローダウンしましょう。


■クラウン・スカイラインなどのセダンタイプは要注意!
覆面パトカーの多くはこの2種類のどれかに当てはまることが非常に多いです。また、セダンタイプの車は警察に安く納車されていることもあり、覆面パトカーはセダンの割合が高めとなっています。

■必ず左車線を規定速度で走行している
スピード違反の取り締めが仕事でもある覆面パトカー。当然、普段は規定速度を守って走行しています。規定速度をずっと守り続けながら、しかも必ず左車線で走行するのが特徴です。

白いクラウンや黒のスカイライン4ドアなんかドキッとする^^
[PR]
メル友・飲み友・恋人・結婚相手、
希望の相手がすぐ見つかる!【登録無料】



■ナンバーは地元ナンバーの可能性が大
高速道路では、日本全国各地からクルマが集まっているので様々なナンバーを見ると思います。遠くの地域からだと、ちょっとテンションが上がってしまいますよね。
しかし、覆面パトカーのナンバーは地元ナンバーになります。例えば、山梨県を走っているときは、覆面パトカーのナンバーは山梨ナンバーか富士山ナンバーです。

■絶対に2人で乗っており、制服かヘルメットを着用
運転席と助手席に2人で乗っています。1人だと、違反をしたかどうかの確定が難しい場合もあるためです。逆に3人以上で乗っていることはありません。必ず2人だけで乗っています。
また、服装に特徴があるとのこと。制服を着用しているか、ヘルメットを着用しています。一目見ればわかるので、追い越しや追い抜きの際に確認することが可能です。

■ルームミラーが2段になっている
覆面パトカーがスモークガラスなどの場合は判断ができにくいところです。ですが、スモークガラスではない場合や車内が見えるときは、一つの判断材料になります。ルームミラーが2段にもなっている乗用車なんてありません。
覆面パトカーの特徴を知っていれば、高速道路で無茶なスピードを出すこともないですよね。高速道路でも安全運転を心がけることが大切です。

ナンバーは気づかなかったなあ。
とりあえず、クラウン、スカイラインのセダンを追い越す時は、必ず運転席と助手席を確認しましょうね。
安全運転お願いします。


(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。