スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フォレスターのめちゃ改良モデルが出た

フォレスターが大幅改良。安全性能がさらにアップ!
LEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプは、夜に試乗したいな。

富士重工業は、スバル「フォレスター」を大幅改良し、2015年11月2日より発売すると発表した。

今回の改良では、フォレスターが従来から持つ高次元にバランスさせたSUVとしての性能を更に進化させ、「デザイン」や「走りの愉しさ」、「SUVとしての使い勝手と快適性」に一層磨きをかけるとともに、安全性能をさらに強化。「アイサイト(ver.3)」や新開発となるアダプティブドライビングビームを採用したヘッドランプを含む先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプとステアリング連動ヘッドランプを採用することで、世界トップレベルの安全性能にさらに磨きをかけた。
[PR]
比較.comの自動車保険一括見積もり!【無料】


エクステリアは、フロントフェイスを刷新。インテリアは本格SUVとしての機能性の高さを感じさせるデザインとし、上質感も高めた。操縦安定性と乗り心地については、ステアリングギヤボックスを新設計してドライバーの思い通りにクルマを操れるリニアなステアリング応答性とし、サスペンションの最適化により、しなやかで落ち着いた上質な乗り味を実現した。

価格は214万9200円~312万8760円(税込)となっている。

デザインに大きな変更は見られないけど、運転するとその違いを感じそう。
上質な乗り味。悪路性能はどうかしら。


(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。