スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW PORSCHE911 TURBO&4WS impression

遂にターボ&4WS化された新型911カレラ&カレラSのインプレッション。
一新された3.0Lエンジンと4WSはどうかな。


新しい3.0Lエンジンは排気量こそ小さくなったが、速さも燃費も向上している。パフォーマンスが大幅にアップしているので、ポルシェが“ダウン”ではないと言い切るのも納得だ。新型911カレラSの場合、最高出力420ps/最大トルク500Nm。ニュルブルクリンクのラップタイムを8秒も縮め、997型GT3に匹敵する7分30秒で駆け抜けることが可能だ。

ポルシェターボって言っていいの?

エンジン開発エンジニアによれば、ボクスターとケイマンが使っている2.7Lエンジンをターボ化してテストしたが、思い通りの性能が得られなかったという。そこでポルシェはターボを前提とした新世代ボクサーエンジンをゼロから開発したのだ。例えば燃焼状態を最適化するためにインジェクターを中央に配置するセンターガイド方式を採用し、均質に燃料と空気を混ぜるために250気圧の高圧で数回にわけて燃料を噴射している。エキゾースト側は可変バルブタイミング、インテークは可変バルブタイミングに加えてバルブリフト量も連続可変するバリオカム・プラスが採用されるのは従来通りだ。

シャシーではオプションで4WSが採用されたことがトピックだ。ターボやGT3で実績があるリヤステアが911カレラにも備わることになった。80km/hから同位相に動き、911カレラの場合は最大で2度トーインに動く。ちなみにGT3は1.5度でターボは3度と、モデルによって使い分けているようだ。60km/h以下では逆位相に動くので、最小回転半径は約40cm小さくなり、小回りが利くようになった。ポルシェにとって超高速の安定性とハンドリング性能の両立は重要なので、リヤのアクティブステアはデファクトスタンダードになりそうだ。

カレラSに標準装備される20インチのリアタイヤはターボと同じ305/30扁平となった。タイヤ代がかさみそうだ。

すごいおっきいタイヤ!確かにホイルスピンはもったいないかも。
4WSは慣れるまでは戸惑うかもね。




気になるスペックは・・・
【 911 カレラ 】
全長×全幅×全高=4499mm×1810mm×1294mm
ホイールベース=2450mm
車両重量=1430(1450※)kg ※PDK
駆動方式=RR
エンジン=3.0L水平対向6気筒直噴ツインターボ
最高出力=272kW(370ps)/6500rpm
最大トルク=450Nm/1700-5000rpm
トランスミッション=7速PDK(デュアルクラッチ)/7速MT
0-100km/h加速=4.6秒(MT)/4.4秒(PDK)/4.2秒(SPORT PLUS)
最高速度=295(293※)km/h ※PDK
欧州複合サイクル燃費=8.3(7.4※)L/100km ※PDK
使用燃料=プレミアム
サスペンション=前:マクファーソンストラット式
        後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前:235/40ZR19
       後:295/35ZR19
車両本体価格=1244万円(MT)/1309万1000円(PDK)

【 911 カレラ S 】
全長×全幅×全高=4499mm×1810mm×1295mm
ホイールベース=2450mm
車両重量=1440(1460※)kg ※PDK
駆動方式=RR
エンジン=3.0L水平対向6気筒直噴ツインターボ
最高出力=309kW(420ps)/6500rpm
最大トルク=500Nm/1700-5000rpm
トランスミッション=7速PDK(デュアルクラッチ)/7速MT
0-100km/h加速=4.3秒(MT)/4.1秒(PDK)/3.9秒(SPORT PLUS)
最高速度=308(306※)km/h ※PDK
欧州複合サイクル燃費=8.7(7.7※)L/100km ※PDK
使用燃料=プレミアム
サスペンション=前:マクファーソンストラット式
        後:マルチリンク式
タイヤサイズ=前:245/35ZR20
       後:305/30ZR20
車両本体価格=1519万1000円(MT)/1584万1000円(PDK)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。