スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヴォークオープン/evoque open

イヴォークにオープンモデルが誕生!
2016年春から発売。
ガラス張りもよかったけど、オープンならもっと良し!


ランドローバーは9日、レンジローバーイヴォークのオープンモデル「レンジローバーイヴォーク コンバーチブル」の市販モデルを発表した。オープン時とクローズ時両方のスタイリングにこだわったというSUVオープンカーは、2016年春より発売が開始される。

レンジローバーイヴォーク コンバーチブルは、2011年に生産が開始されたレンジローバーイヴォーク初のオープンモデル。Z字型に折り畳まれる電動開閉式ソフトトップは、わずか18秒でオープンにでき、クローズも21秒と早い。時速30マイル(約48km/h)以下であれば、走行中でも開け閉めも可能という。

オープンカーということで心配されるユーティリティについては、大人4人が乗れる居住空間に加え、251リッターの荷室スペースを確保しているとのこと。長尺物の積載できるスキーバッグも備える。また、屋根を閉めた状態ではクローズドボディと同等の静粛性を確保しているとのことだ。

エンジンは、オールアルミ製2リッター直列4気筒のガソリンおよびディーゼルユニットを搭載する。ガソリン仕様は最高出力240psを発生。ディーゼル仕様は5.1L/100km(19.6km/L)の低燃費を特徴とする。

レンジローバーイヴォーク コンバーチブルは、イギリス・ヘイルウッドにあるランドローバーの工場で生産される。2016年春に発売が開始され、世界170カ国への展開が予定されている。

もともと注目のデザインの車だから、オープン登場でさらに女性の人気があがるのでは?
静寂性がいいのはうれしいですね。
日本にも早く来てほしいっ


(引用:carview


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。